月額1,000円以下でデータ通信を利用できる「格安SIM」について比較してみました。

・「格安SIM」とは
MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)が、携帯電話会社などの通信回線を借りて提供している通信サービスのことです。
通信速度やサービス内容などを制限することで非常に安価でサービスを受けることが可能となっています。

主に、「スマートフォンを持ちたいけど、通信料が・・・」という方が、電話はガラケー、データ通信はスマートフォンというように、2台持ちをして通信料を抑えるために利用しています。

更新日:2015年10月26日

ServersMan SIM LTE

BIGLOBE LTE・3G(エントリープラン)

U-mobile*d(2段階定額プラン)

BIC SIM(for IIJmio)

楽天ブロードバンドLTE エントリープラスプラン

OCNモバイルONE(毎日30MBコース)


詳細

詳細

詳細

詳細

詳細

詳細
月額   並べ替え :  
504 980 714 945 945 980
通信速度   並べ替え :  
250 kbps 128 kbps 128 kbps 200 kbps 256 kbps 200 kbps
LTE
なし 月々1GB 月々1GB分
LTE1GB利用後は、月714円から月2079円となり累計3GBまでLTEが利用可能
月々500MB分 月々500MB分 1日あたり30MB分
(翌日繰り越し不可)
標準サイズSIM   絞り込み :
microSIM   絞り込み :
nanoSIM   絞り込み :
× × ×
初期費用   並べ替え :  
3240 3240 3240 3240 4200 3675
オプション
LTE:100MBあたり263円
SMS:月額150円
IP電話:月額315円
LTE:100MBあたり315円
SMS:月額126円
SMS:月額158円 LTE:100MBあたり525円
SMS:月額147円
なし SMS:月額126円
IP電話:月額315円
説明
「LTEもワンコインの時代。  通話もSMSも高速利用もこれ一枚で。」 国内最安値のデータ通信SIMです...
>>詳細
月々1GBまでLTEを利用できる点が魅力的です。 また、追加料金不要でWi-Fiスポット「Wi2 300」が利用で...
>>詳細
月額の安さと月々のLTE上限(1GB)の大きさが魅力的です。 他にない2段階定額プランとなっており、月に...
>>詳細
【BIGLOBE LTE・3G】と同様に、追加料金不要でWi-Fiスポット「Wi2 300」が利用できるという特典付きです...
>>詳細
格安SIMの中で最も速い通信速度を誇ります。 オプションがないので用途が制限されてしまいますが、LTE...
>>詳細
他と比べて特徴的なのが「1日あたり」でLTE利用可能容量が決められている決められていることでしょう。 ...
>>詳細
とにかく安く使いたい! 快適に使いたい! Wi-Fiスポットを使いたい!

ServersMan SIM LTE

楽天ブロードバンドLTE エントリープラスプラン

BIGLOBE LTE・3G(エントリープラン)

安さで選ぶならこれ一択でしょう!
他に比べてほぼ半額の価格で利用することができます。
ただし、この価格だけあって快適さは見劣りするので、よく考えて選びましょう。
表を見ても分かる通り、圧倒的な通信速度の速さです!
オプションが要らない場合の選択肢としてはとても良いかもしれません。
実は見落としがちなのがこのWi-Fiスポット特典。
本来月額380円の公衆無線LAN「Wi2 300」がなんと無料で利用できてしまいます。
カフェ等をよく使う場合は、この【BIGLOBE LTE・3G】か次の【BIC SIM】を選択すると、コスパが良いと思います。

U-mobile*d(2段階定額プラン)

OCNモバイルONE(毎日30MBコース)

BIC SIM(for IIJmio)

安さに加え、LTE1GBも利用可能というのはかなり魅力ですね!
使い方次第では、通信速度、LTE利用制限ともにトップクラスだと思います。
上記同様に月額380円の公衆無線LAN「Wi2 300」を無料で利用することができます。

BIC SIM(for IIJmio)

BIC SIM(for IIJmio)

月額は【楽天ブロードバンドLTE 】と同じですが、初期費用はこちらの方が安いので3位としました。
通信速度の速さとオプションの豊富さが良いですね。
【OCNモバイルONE】と同じ速度ですが、LTEは月々での制限のため、こちらの方が使いやすいかもしれません。