株式投資を行なう際に開設する必要のある証券口座の比較です。

更新日:2015年10月26日

ライブスター証券

GMOクリック証券

マネックス証券

SBI証券

楽天証券

カブドットコム証券

松井証券


詳細

詳細

詳細

詳細

詳細

詳細

詳細
1約定あたり手数料(成行の場合) 10万   並べ替え :  
84 105 105 145 145 189 0
1約定あたり手数料(成行の場合) 30万   並べ替え :  
189 260 262 285 358 283 315
1約定あたり手数料(成行の場合) 50万   並べ替え :  
189 260 472 285 358 567 525
1約定あたり手数料(成行の場合) 100   並べ替え :  
357 470 1050 511 639 1039 1050
ミニ株
×
IPO
×
逆指値
信用取引
未成年の登録
× × ×
先物・オプション
説明
ネット証券を手数料で選ぶならライブスター証券! 信用取引の金利も低金利ですので、他社と比較いただ...
>>詳細
格安取引コスト、高機能な取引ツール、重質した取引情報が揃っています。
>>詳細
初心者にもやさしく、取引機能が充実しています。
>>詳細
手数料が非常に安い証券会社です。
>>詳細
個人投資家に人気のある証券会社です。
>>詳細
三菱UFJグループの証券会社。
>>詳細
1日の株式約定代金合計10万円までの手数料は無料で非常にお得。
>>詳細
初心者にオススメ 手数料で選ぶ ツールなどのサービス

GMOクリック証券

ライブスター証券

マネックス証券

新規口座開設で現物取引で手数料がキャッシュバックされます。期間は最大3ヶ月なので、最大で3ヵ月間手数料無料になるといってもいいです。株を始めようと考えてた方は今がチャンスですね。
比較したところ、ライブスター証券が一番手数料が安かったです。やはり手数料が多くかかるとかからないでは大きい差が出てきますからね。
逆指値を利用することで、損を最小限に抑えることができます。仕事中で取引ができない時に株価が下落し売るタイミングを逃すということを防いでくれます。

ライブスター証券

GMOクリック証券

SBI証券

新規口座開設で40営業日手数料無料キャンペーン中です。GMOクリック証券のキャンペーンとの違いは手数料がキャッシュバックされるのではなくそもそも”無料”になるということ、そして対象となる取引が現物取引に加え信用取引など5種類の取引が対象ということです。
2位はGMOクリック証券でした。手数料の安さに加えて手数料キャッシュバックキャンペーンが実施中なのもいいですね。
SBI証券の「HYPER SBI」は情報量が豊富でテクニカルチャート・発注関連など、基本機能はほぼ網羅されており、お手本になるようなツールです。誰が使っても不満がないツールに仕上がっていると言えそうです。

松井証券

マネックス証券

ライブスター証券

1日の約定代金合計金額が10万円未満の場合は手数料無料で取引できます。株を始めるのにまずは少額から!という方にオススメです。
3位はマネックス証券でした。手数料の安さはさることながら、こちらのツールは人気があります。また、今話題のNISA(少額投資非課税制度)の口座開設キャンペーンも行っています。
チャートタイプは12種類もあり、描写ツールも豊富なので非常い便利です。チャート・板からマウスだけで簡単発注など高機能な発注機能があります。